Category ラルフ・ローレン

Woman by Ralph Lauren



ラルフ・ローレンのウーマン。2017年発売の女性用香水です。

香りはシアーでありながら奥行きを感じさせるフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: 洋ナシ、ルバーブ、ブラックカラントなど
  • ミドル: ジャスミン、オレンジ・ブロッサム、ローズなど
  • ラスト: サンダルウッド、シダー、ヘイゼルナッツなど

調香は、ジバンシィの「ランテルディ(2018)」や、ジミー・チュウの「イリシット」、ジョー・マローン・ロンドンの諸作品などでも有名な、アン・フリッポ。プロデュースはフランスのパーソナル・ケア・ブランド「ロレアル」です。アン・フリッポらしい、全体的にベーシックな香りで、濃さもふくめて使い勝手はバツグンだと思います。尖った部分がないので、万人受けしそうな作品です。

楽天最安値は↓

ラルフ・ローレン、ウーマン

Read More

Ralph Lauren, Ralph Fresh



ラルフ・ローレンのラルフ・フレッシュ。2015年発売の女性用香水です。

2000年に発売された「ラルフ」がオリジナルで、今回は「ラルフ・クール」や「ラルフ・ホット」につづく、ニュー・ファミリーです。香りは、ポップでガーリーなフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: レモン、スイカ、マンダリン・オレンジなど
  • ミドル: マグノリア、フリージア、ローズなど
  • ラスト: ホワイト・リリー、ウッディー・ノート、ムスクなど

プロデュースは、ザ・ボディショップやヴィクター&ロルフ、イブ・サンローランなどの香水ラインもかかえているロレアルです。ベーシックなフルーティー・フローラルで、スイカのオゾニックなトーンがアクセントになっています。カジュアルなシーンであれば、オールシーズンでお使いいただけるでしょう。一本ストックしておくと、なにかと使える便利な一品といえそうです。

楽天最安値は↓

ラルフ・ローレン、ラルフ・フレッシュ

Read More

Ralph Lauren, The Big Pony 3 for Women

ラルフ・ローレンのザ・ビッグポニーコレクションフォーウーマン 3。2012年発売の女性用香水です。

「ビッグ・ポニー・ポロ」というカジュアル・ウェア・ラインの名前を取ったフレグランス・コレクションのうちのひとつです。4作品が同時発売されていて、それぞれにナンバリングがほどこされています。最小限の厳選されたマテリアルをブレンドした香りは、ボトルのカラーと同様にそれぞれ個性豊か。そのボトルも大きくナンバーがデザインされていて、4つ全部並べるとインテリアとしてもおしゃれだと思います。ナンバー3のこの作品は、フルーティー・フローラルの香調がベース。

マテリアルは洋ナシとミモザのふたつ。

調香は、「ブルックリン」、「ハイ・ライン」などボンドNo.9の諸作品や、マライア・キャリーの「ロリポップ」シリーズ、サラ・ジェシカ・パーカーの「ラブリー」などを手がけているローラン・ル・ゲルネ。プロデュースはマルタン・マルジェラやオスカー・デ・ラ・レンタの香水ラインもかかえているロレアルです。ファンタスティックでセンシティブなフルーティー・フローラルで、これぞデイタイムという印象を受けるのではないかと思います。シーズンを問わない香りなので、使い勝手はとても良いでしょう。晴れの日だけではなく、曇りや雨の日にもマッチしそうです。

楽天最安値は↓

ラルフ・ローレン、ザ・ビッグポニーコレクションフォーウーマン 3

Read More

Ralph Lauren, Safari



ラルフ・ローレンのサファリ。1990年発売の女性用香水です。

名の通り解放感や自由の精神といったものをコンセプトにもつ今作の香りの基調はフローラル・グリーン。

  • トップ: アルデハイド、ガルバナム、グリーンノート、ヒヤシンス、マンダリンなど
  • ミドル: カーネーション、ハニー、ジャスミン、スズラン、ナルシス、オーキッド、オリス、ローズなど
  • ラスト: アンバー、シダー、モス、スティラックス、トンカビーンズ、バニラ、ベチバーなど

ちょっとアンニュイな雰囲気を出したいときになど良いかも知れません。イブニング・タイムのしっとりとした時間にマッチしそうです。

楽天最安値は↓

ラルフ・ローレン、サファリ

Read More

Ralph Lauren, Midnight Romance



ラルフ・ローレンのミッドナイトロマンス。2014年発売の女性用香水です。

オリジナルは、1998年に発売されて以降ロング・セラーを続けている「ロマンス」で、今回はそのニュー・アレンジ・エディションです。オリジナルは流麗なフローラル・ムスキーでしたが、今回はやや甘めでポップなフルーティー・フローラル・バニリックの香調がベース。

  • トップ: ラズベリー、イタリアン・ベルガモット、ライチなど
  • ミドル: ピオニー、サンバック・ジャスミン、フリージアなど
  • ラスト: ブラック・バニラ、アンブロキサン、アイリス・アブソリュートなど

調香は、ビヨンセの「ヒート・ラッシュ」やヴェラ・ウォンの「フォーエバー・ヴェラ」などを手がけているオノリーヌ・ブランと、ブルガリの「ブルガリ・ブルー」や「オムニア」、ショパールの「インフィニメント」などで知られる、アルベルト・モリアスの合作。プロデュースはロレアルです。基本的にはベーシックなフルーティー・フローラルですが、ミドル以降の甘さがいかにもイブニング・タイム向きな印象です。

楽天最安値は↓

ラルフ・ローレン、ミッドナイトロマンス

Read More