Category パウダリー

Santa Maria Novella, Iris

サンタ・マリア・ノヴェッラのアイリス。女性用香水です。

オリジナルは1901年に発売された同じ名前の作品で、今回の作品は当時からのブレンドを変えずに再販されたエディションです。香りは基本的には花ではなく根から取られ、香料としては「オリス・ルート」という名前でも呼ばれます。オリス・ルートは、パウダリーなスウィートが特徴。このブランドの本店があるフィレンツェが共和国だった時代のシンボル・フラワーということもあって、ブランドとしてもとても重要な花です。

そんなアイリスをフィーチャーしたこの作品は、相性の良いバイオレットの香りもブレンドしたフローラル・ノートの香調がベース。ハイ・クオリティーなアイリスとバイオレットの魅力を十分に活かした、パウダリー・スウィートのバランスのいい香りです。使い勝手も良く、お好みのシーンに合わせてお使いいただけるでしょう。シーズンもウェアも問わないと思います。

楽天最安値は↓

サンタ・マリア・ノヴェッラ、アイリス

Read More

Iceberg, The Iceberg Fragrance



アイスバーグのザ・アイスバーグ・フレグランス。2008年発売の女性用香水です。

香調は、個性的なマテリアルをブレンドしたパウダリー・フローラルがベース。

  • トップ: コリアンダー、洋ナシ、ベルガモット、レッドベリーなど
  • ミドル: ピオニー、ミモザ、アーモンド、バイオレット、ピスタチオなど
  • ラスト: パチョリ、ムスク、バニラ、スエードなど

調香は、クロエのラブやバーバリーのブリットなどを手掛けるジヴォーダンのナタリー・グラシア・セットです。トップのコリアンダーやミドルのピスタチオなどがよく香ります。秋冬のプライベートなデイタイムにマッチしそうです。

楽天最安値は↓

アイスバーグ、ザ・アイスバーグ・フレグランス

Read More

Humiecki & Graef, Geste

フミエッキ&グレーフのゲスト。2009年発売の女性用香水です。

フミエッキ&グレーフは、スイスのフレグランスハウスです。こちらのゲストはファースト香水で、香料濃度はパルファム並の25%です。若い男性と恋をする成熟した女性をテーマにしており、香調はパウダリー・フローラルがベース。

フローラル・ノート、バイオレット、レジン、アンバー、ムスク、ハニーサックルなどが香ります。

香りはどちらかと言うとソフトながら、ロングラスティングです。オールシーズンのデイタイムにマッチしそうな、使い勝手の良い香水です。

楽天最安値は↓

フミエッキ&グレーフ、ゲスト

Read More

Caron, Farnesiana

キャロンのファルネシアーナ。1947年に発売された女性用香水です。

「キャロン」の代名詞とも言えるフレグランスで、当時としては非常に珍しいミモザをフィーチャーした香りです。香調は、パウダリー・フローラルがベース。

  • トップ: ミモザ、ベルガモット、ヘイ、ブラックカラントなど
  • ミドル: ジャスミン、スズラン、バイオレットなど
  • ラスト: サンダルウッド、バニラ、ムスク、オポポナックスなど

調香は、キャロン2代目の調香師、ミシェル・モルセッティです。夏以外のデイタイムにマッチしそうです。

楽天最安値は↓

キャロン、ファルネシアーナ

Read More

Annick Goutal, Heure Exquise

アニック・グタールのエールエクスキーズ。1986年発売の女性用香水です。

アイリスのフローラルをメインとしたフローラル・パウダリーの香調がベース。

  • トップ~ミドル: フロレンタイン・アイリス、ターキッシュ・ローズなど
  • ミドル~ラスト: マイソール産サンダルウッド、バニラなど

調香はアニック・グータル。プロデュースは、現在ブランドが傘下に入っている「スターウッド・キャピタル」の抱える香水プロダクション会社Louvre Groupeです。フローラル・パウダリーという香調ではありますが、どちらかというとしっかりとしたフローラル・スウィートという趣きなのではないかと思います。

楽天最安値は↓

アニック・グタール、エールエクスキーズ

Read More