Category ボンド No.9

Bond No. 9, B9



ボンドNo. 9のB9。2015年発売のユニセックス香水です。

ネーミングの「B9」は、ボンドNo.9の略称です。香りは、シンプルでリッチなオリエンタル・ノートの香調がベース。

  • トップ~ミドル: サフラン、ガーデニア・リーブスなど
  • ラスト: アンバー、ホワイト・ムスクなど

濃密なオリエンタル・ノートで、フローラル・スパイシーのトーンが効いている印象です。ユニセックス仕様ですが、どちらかというとレディス向きかもしれません。ロング・ラスティングで、秋冬向きの作品といえそうです。秋冬のシーズンであれば、デイタイムでもイブニング以降でもお使いいただけるでしょう。

楽天最安値は↓

ボンドNo. 9、B9

Read More

Bond No. 9, I Love New York Earth Day



ボンドNo. 9のアイラブニューヨーク・アースデイ。2012年発売の女性用香水です。

オリジナルは2011年に発売されたアイラブニューヨークで、こちらはそのニューファミリーです。香調はグリーン・フローラルがベース。

  • トップ: オレンジブロッサム、タンジェリン、オーキッドなど
  • ミドル: チュベローズ、スズラン、アイリスなど
  • ラスト: ムスク、サンダルウッド、オークモス、アンバーなど

ミドルのチュベローズやスズランが良く香ります。春から夏にかけてのデイタイムにベストマッチしそうです。

楽天最安値は↓

ボンドNo. 9、アイラブニューヨーク・アースデイ

Read More

Bond No. 9, Central Park West



ボンドNo.9のセントラルパーク・ウェスト。2012年発売のユニセックス香水です。

マンハッタンの中央にある公園、文字どおりセントラル・パークをイメージした作品で、2004年の「セントラル・パーク」以降続いているシリーズ物のなかのひとつです。今回はセントラル・パークの西側をモチーフにしていて、そこからさらに西に行くとブロードウェイ、公園の向こう側はフィフス・アヴェニューという、魅力的なロケーションです。香りはリッチなフローラル・ウッディー・ムスキーの香調がベース。

  • トップ: ナルシス、イランイラン、ペッパーなど
  • ミドル: ジャスミン、ガーデニア、リンデン・ブロッサム、オリス・ルートなど
  • ラスト: ベチバー、オークモス、オーク・ツリー、ムスクなど

調香は、「チェルシー・フラワー」や「ハロッズ」、「モントーク」など、このボンドNO9の香水を多く手がけているローラン・ル・ゲルネ。プロデュースはLaurice & Co.です。イランイランやガーデニアといったホワイト・フラワーがよく香る印象で、とてもクラシカルで貴婦人風な一品。そのため、ユニセックス仕様ではありますが、レディス用といってもいいかもしれません。

楽天最安値は↓

ボンドNo.9、セントラルパーク・ウェスト

Read More

Bond No. 9, Central Park South



ボンドNo.9のセントラルパーク・サウス。2013年発売の女性用香水です。

「セントラル・パーク・サウス」は、ニューヨークの真ん中のセントラル・パークの南側を指すこともあり、またその南沿いの59ストリートという大通りを指すこともあります。59ストリートは高級ホテルが立ち並ぶ重厚な通りで、近くにはカーネギー・ホールやタイムワーナー・センターなどがあります。香りは、ラグジュアリーなフローラル・ノートの香調がベース。

  • トップ: グレープフルーツ・ブロッサム、ブラックカラント・バドなど
  • ミドル: ジャスミン、スズランなど
  • ラスト: ウッディ・ノートなど

ボトルのデザインから浮かぶイメージとはちょっと異なり、ジャスミンやスズランといったホワイト・フローラルがメインとなった香りです。重厚なトーンなので、秋冬のシーズンに向いているかもしれません。ホワイト・フローラル系の中でも軽くない香りをお求めのかたは、ぜひお試しください。プライベートなシーンのフォーマルな席などでもマッチすると思います。

楽天最安値は↓

ボンドNo.9、セントラルパーク・サウス

Read More

Bond No. 9, Gramercy Park



ボンドNo.9のグラマシーパーク。2003年発売のユニセックス香水です。

ニューヨークのダウンタウンの高級住宅地の中にある「グラマシーパーク」という公園の名前をそのまま取った作品です。この公園は私有地となっていて、一般公開されるのは基本的に年に一度きり、近所の住人だけが鍵を持って年中出入りすることができるという、格調を感じさせる場所です。そんな閑静な趣きをイメージした香りは、グリーン・フローラル・ウッディーの清々しいエレガンスの香調をベースにしていて、ラグジュアリーでクリーンなトーンを存分に体感することのできるアイテムです。

  • トップ: フレッシュ・グリーン・アコード、クリスプ・ティー・リーフ・アコードなど
  • ミドル: スズラン、シクラメン、イングリッシュ・アイビーリーフなど
  • ラスト: シダー、クリスタル・ムスクなど

調香は、「オード・ノーホー」、「セントラル・パーク」、「グレート・ジョーンズ」など、このラインの香水のクリエイトを最も多く手掛けているロベルテ社。プロデュースはLaurice & Co.です。まさに洗練された香りで、年代を問わずに長く愛用できる一品なのではないかと思います。冬以外のデイタイムであれば、プライベート、オフィス問わずにお使いいただけることでしょう。さらっとした白いウェアに似合いそうです。

楽天最安値は↓

ボンドNo.9、グラマシーパーク

Read More