Category ドルチェ&ガッバーナ

Dolce & Gabbana, The Only One



ドルチェ&ガッバーナのジ・オンリーワン。2018年発売の女性用香水です。

オリジナルは2006年に発売されたザ・ワンで、こちらはそのニューファミリーです。オリジナルはオリエンタル・フローラルでしたが、今作はグルマン・フローラルがベース。

  • トップ: ベルガモット、バイオレット、オレンジなど
  • ミドル: アイリス、コーヒー、洋ナシ、ローズ、オレンジブロッサムなど
  • ラスト: パチョリ、バニラ、キャラメルなど

ラストのバニラやキャラメル、ミドルのコーヒーなどがよく香るようです。秋から冬にかけての季節にマッチしそうです。

楽天最安値は↓

ドルチェ&ガッバーナ、ジ・オンリーワン

Read More

Dolce & Gabbana, The One Collector for Women



ドルチェ&ガッバーナのザ・ワン・コレクターズエディション。2014年発売の女性用香水です。

オリジナルは2006年に発売された大ヒットを記録した「ザ・ワン」で、今回はそのアレンジ・エディションの一つです。香りは、まったりとしたスウィートが魅力的な、フルーティー・バニリックの香調がベース。

  • トップ: ベルガモット、マンダリン、ライチ、ピーチなど
  • ミドル: マドンナ・リリーなど
  • ラスト: ソフト・バニラ、アンバー、ムスクなど

プロデュースは、ラコステやヒューゴ・ボス、プーマなどの香水ラインもかかえているProcter & Gambleです。トップのライチ&ピーチと、ラストのバニラの香りが印象的で、アーバン・テイストで華やかな香水です。デイタイムのプライベートなシーンであれば、使い勝手はとても良いと思います。

楽天最安値は↓

ドルチェ&ガッバーナ、ザ・ワン・コレクターズエディション

Read More

Dolce & Gabbana, 14 La Tempérance

ドルチェ&ガッバーナの14ラ・タンペランス。2011年発売の女性用香水です。

タロット・カードを題材にしたD&Gアンソロジー・コレクションの中の一作です。タロットの「14」は、「節制」のカードで、意味は安定、調和、節約、逆の意味では現実的というものもあります。そんなカードをイメージしたこの作品は、パウダリーなフローラル・ムスキーの香調がベース。

  • トップ: ピンクペッパー、アンブレットなど
  • ミドル: アイリス、ローズ、ハイビスカス、オリス・ルートなど
  • ラスト: パチョリ、オリエンタル・アコード、ムスクなど

プロデュースは、グッチ、エスカーダ、ヒューゴ・ボスなどの香水ラインでもおなじみのProcter & Gambleです。トップのムスキーなアンブレットや、ミドルのアイリスがメインとなっていて、パウダリーなスウィートが鼻孔をくすぐります。デイタイムのカジュアルなシーンでデイリーユースできるでしょう。春や秋のシーズンにベストマッチするかもしれません。

楽天最安値は↓

ドルチェ&ガッバーナ、14ラ・タンペランス

Read More

Dolce & Gabbana, 3 L’Impératrice



ドルチェ&ガッバーナの3 ランペラトリス。2009年発売の女性用香水です。

「D&Gフレグランス・アンソロジー」というコレクションの中のひとつです。それぞれタロットカードの名前を付けられたコレクションで、どれもシンプルにマテリアルをブレンドした、意欲とユーモアあふれる佳作が揃っています。この作品は、ランペラトリス=「女帝」のカードにちなんだ香水です。「豊饒」や「繁栄」といった意味合いを持つカードのダイナミックさを反映させたアクアティック・フルーティーな香調がベース。

  • トップ: ウォーターメロン、キウィなど
  • ミドル: ピンク・シクラメンなど
  • ラスト: ムスクなど

プロデュースはアナスイやエスカーダ、ジャン・パトゥなどといった香水ラインも手掛けている「P&Gプレスティッジ・ボーテ」です。「女帝」というネーミングからは、何となくオリエンタル調の香りもイメージされそうですが、意表を突くようなポップな香りです。オゾニックな香りがお好きな方はぜひお試しください。春夏のデイタイムのプライベートシーンにマッチすると思います。

楽天最安値は↓

ドルチェ&ガッバーナ、3 ランペラトリス

Read More

Dolce & Gabbana pour femme intense



ドルチェ&ガッバーナ・プールファム・インテンス。2013年発売の女性用香水です。

2012年に発売されて世界的に大ヒットした「ドルチェ&ガッバーナ・プールファム」のニュー・ファミリーです。オリジナルのインテンス(濃い)エディションということで、基本的なトーンはフローラル・グルマンで変わりありませんが、マテリアルを少し変えて、パウダリック・スウィートがより強調されたような一品に仕上がっています。

  • トップ: グリーン・マンダリン、ネロリなど
  • ミドル: オレンジ・ブロッサム、チュベローズなど
  • ラスト: サンダルウッド、マシュマロ、ムスクなど

プロデュースは、グッチ、ラウラ・ビアジョッティ、ナオミ・キャンベルなど、数多くの香水ラインを手がけているProcter & Gambleです。オリジナルのマイナー・アレンジという印象で、ミドルのチュベローズのホワイト・フローラルが効いている印象。きよらかでソーピーなたたずまいから、ラストはマシュマロ・バニラのグルマンへと、ナチュラルに移行していく感じがステキです。秋冬のプライベートなシーンのデイタイムにマッチしそう。シックなウェアにもしっかり合わせられそうです。

楽天最安値は↓

ドルチェ&ガッバーナ・プールファム・インテンス

Read More